一般・全般

リンちゃん両親「日本の皆さんを恨むとかはありません、犯人を恨みます、犯人が憎いです」

1 : シャイニングウィザード(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/18(火) 20:52:48.17 ID:76FzmGEQ0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6uhEYAM.jpg

「犯人を恨む」 父親、胸中を語る

小学校の保護者会会長・渋谷恭正容疑者(46)の逮捕から4日、現在の胸の内を明かした。
リンさん父親のレェ・アイン・ハオさん(34)は「リンちゃんが本当に亡くなったのか信じられない、今までも。まだ整理できていない状態」と話した。

リンさんの母親は「この事件は、日本社会の皆さんが、決して望んでいないことで、わたし自身は、日本の皆さんを恨むとか、そういうことは少しも思っていません。わたしたちは、犯人を恨む、犯人を憎いと思うばかりです」と話した。
逮捕3日前、渋谷容疑者は「おいしい給食も食べられるし、広い校庭で思いっきり遊べるし」と話していた。
リンさんの遺体を、千葉・我孫子市の現場に遺棄した疑いが持たれている渋谷容疑者。

自宅や関係先からは、複数のひもが押収されている。
リンさんの母親は「(渋谷容疑者を見たことは?)わたしは、見たことがあります。ただ、話したことは一度もありません」と話した。
調べに対し、雑談には応じるものの、依然、黙秘を続けている渋谷容疑者。
ハオさんは「(渋谷容疑者が)何も話さないので、これからどうすれば真実がわかるか心配している。話してほしいです」と話した。.
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170418-00000689-fnn-soci

Read more
一般・全般 犯罪事件

ベトナム国籍のリンちゃん(9) レイプ殺害犯人逮捕 近所の40代男

1 : アイアンフィンガーフロムヘル(神奈川県)@\(^o^)/ [DO]:2017/04/14(金) 08:32:40.21 ID:6Yl8yhmX0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GFybckp.jpg
ベトナム人女児殺害、近所の男を逮捕へ 死体遺棄容疑

千葉県我孫子市でベトナム国籍で小学3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)=同県松戸市六実(むつみ)5丁目=の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、リンさんの自宅近くに住む40代の男が事件に関与した疑いがあることが捜査関係者への取材でわかった。県警捜査本部は14日朝、この男から事情を聴き始めた。容疑が固まれば死体遺棄容疑で逮捕する。

 事件が起きたのは3月24日午前8時ごろ。松戸市立六実第二小学校に行くため家を出たリンさんが行方不明になった。家の防犯カメラには黄色い帽子をかぶり、赤いランドセルを背負って1人で歩く姿が映っていたが、900メートルほど先の通学路に設置された複数の防犯カメラには映っていなかった。学校近くで見守り活動をしていた住民も目撃していなかったという。

 リンさんの遺体は2日後の26日午前6時45分ごろ、約12キロ離れた我孫子市北新田(きたしんでん)の橋の下で見つかった。周囲にランドセルや帽子などの所持品はなかった。首を絞められたような痕跡があったことから、県警は殺人・死体遺棄事件と断定。我孫子署に松戸東署との合同捜査本部を設置した。司法解剖で、死因は窒息死の可能性があるとされた。

 27日には遺体の遺棄現場から約18キロ離れた茨城県坂東市の利根川河川敷でランドセルが見つかり、リンさんの物と確認された。28日には500メートルほど離れた河川敷で、リンさんの物とみられる衣類や防犯ブザーなども見つかった。

 捜査本部はリンさんが家を出た直後に事件に巻き込まれたとみて、それぞれの現場周辺での聞き込み捜査のほか、民家に設置された防犯カメラや近くを走行した車のドライブレコーダーなどの分析を進めてきた。捜査本部はリンさんとみられる女児と成人とみられる人物が一緒に映っているドライブレコーダーの映像を複数回収した。

 捜査関係者によると、聞き込みなどから、リンさん宅の近くに住む男が事件に関与した疑いのあることがわかったという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000030-asahi-soci

Read more
一般・全般

殺害されたリンちゃんの父親「日本は安全な国だと思ったの・・・」

1 : オリンピック予選スラム(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/02(日) 13:47:49.92 ID:31WcuvP+0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wrJqp2z.jpg

在日ベトナム人「日本は安全だと…」 千葉・女児遺体発見から1週間
 
千葉県我孫子市の排水路脇で、同県松戸市のベトナム国籍の小学三年レェ・ティ・ニャット・リンさん(9つ)の他殺体が見つかった事件は二日、遺体発見から一週間を迎える。事件は、松戸市在住者を中心に、在日ベトナム人コミュニティーにも波紋を広げている。 
(中山岳、黒籔香織、飯田克志)

 「日本は安全な国だと思っていたのでショックで、悲しい」。松戸市内にはベトナム人らが通う日本語学校が五校あり、二〇〇四年からベトナム人留学生を受け入れているKEN日本語学院職員のトン・タイン・トゥイさんは、同胞の女児の早すぎる死を悼んだ。

 ベトナムは、技能実習生や経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士の候補生を日本など海外に送り出す政策を進めている。

法務省によると、〇七年末に約三万六千人だった在日ベトナム人は、一六年六月末に約十七万五千人に増加。一五年末と比べ19・6%増となるなど、顕著な増加傾向にある。

 松戸市でも近年、日本語学校や専門学校の学生を中心にベトナム人住民が急増し、一〇年二月末に二百六十六人だったベトナム人住民は、今年二月末に二千二十人に増えた。リンさん一家は一五年十二月に川崎市から松戸市内に転居した。

 トゥイさんによると、在日ベトナム人らが会員制交流サイト(SNS)で、日本の新聞など事件に関する報道をベトナム語に翻訳して伝えており、母国でも関心が高いという。

 トゥイさんは「松戸にいるベトナム人の女性たちはみんな不安」と明かす。女性たちはSNSで「夜の暗い道は一人で歩かない」など、防犯上の注意点を助言し合っているという。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201704/CK2017040202000122.html

Read more