一般・全般

国を動物に例えると米国→ゾウ、中国→カバ、ロシア→ホッキョクグマ、英国→トラ、日本→ハイエナ    ※韓国調べ

1 :名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/05/22(月) 15:59:37.25 ID:qgncxBwn0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rWCpqCI.jpg
2017年5月22日、このほど韓国のインターネット掲示板に「世界の国々を動物に例えてみた」とのスレッドが立ち、韓国のネットユーザーらがさまざまなコメントを寄せた。

スレッド主はまず、米国を「ゾウ」に例えた。利口で母性愛が強く、普段はおとなしいが機嫌を損ねると周りは大変なことになるという。

続いて中国は「カバ」。近づくと理由もなしに攻撃してくる。常識知らずで性格も汚いが、力が強いため他の動物もむやみやたらと相手ができない。
しかし紫外線に弱く、日光に3日当たるだけで死ぬこともあるという弱点も持つ。

それからロシアは「ホッキョクグマ」。親近感のあるイメージに反して、実際はかなり凶暴で、一般的なクマが自分のテリトリーを侵害されないよう防ぐ一方で、ホッキョクグマは積極的に狩りに出るとのこと。

次は英国。こちらは「トラ」で、かつては自然界最強の捕食者に分類されるも、現在はゾウやカバに引けを取る存在となった。しかし依然として影響力があり、勇猛さの象徴として認識されている。

そして、気になる日本は「ハイエナ」。基本的にピュアな性格で、日和見主義的な食性に、高い知能と適応能力を兼ね備えている…とここまではまずまずの評価だが「ひきょうでずるいイメージが強い」とばっさり。

最後は北朝鮮。こちらは「ウシガエル」とのことで、あちこちはびこって食物連鎖を混乱させるそうだ。

他のネットユーザーからはこれに対し、「米国はハゲワシじゃない?」「英国はライオンだよ」「いやいや、中国はゴキブリ。日本は猿。北朝鮮はカゲロウ」と反論が数多く寄せられている。

韓国人が世界の国々を動物に例えてみた、気になる日本は?=「日本をここまで低く評価するのは韓国人だけ」?韓国ネット
https://news.biglobe.ne.jp/international/0522/rec_170522_7137364470.html

Read more
一般・全般

インドネシア「中国に発注した高速鉄道、全然進捗してないの!! 助けて日本!!!!」

1 : :NGNG?PLT(12000).net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yTdmXjK.gif
2015年秋、インドネシア高速鉄道の受注を日中で競い合った。日本は、最終盤で逆転され、中国案に決定。手痛い敗北となった。それから1年半。
受注決定直後にもインドネシアを訪ねたノンフィクションライター・水谷竹秀氏が再び現地入りすると、意外な光景が待ち受けていた。

 * * *
 新緑の茶畑が広がる砂利道を車でひた走ると、赤土がむき出しになった敷地が左手に見える。周囲に張り巡らされた立ち入り禁止のテープは、以前に比べて色褪せていた。近くにあったゴム林は伐採されて跡形もなく、整備された赤土には重機の轍が残っていた。

 1年前とほとんど変わっていない……。

 ここはインドネシアの首都ジャカルタから南東に約120kmの西ジャワ州ワリニ。ジャカルタと商業都市、バンドン(143km)を結ぶインドネシア高速鉄道事業の現場をおよそ1年ぶりに再訪した、4月11日のことだった。
轍を頼りに車で1kmほど奥へ進むと、切り開かれた広大な山肌が前方に現れ、ショベルカー3台、大型トラック4台が稼働していた。現場監督のインドネシア人男性が状況を説明してくれた。

「ここに駅を作るため、3カ月ほど前から整地作業を行っています。作業員約30人で朝から夕方まで。毎月1回程度のペースで中国人数人が、進捗状況の確認に車でやって来ます」

 現場周辺にコンクリートや鉄鋼などの資材は見当たらない。ショベルカーがひたすら赤土を掘り起こし、トラックの荷台に運んでいるだけだ。現場監督は続ける。

「この整地作業を終えてから建設し始めるので、駅の完成がいつになるのかといった先のことまでは分かりません」

 私がこの現場を再訪することになったのは、鉄道の工事が一向に進まないという報道に接したからだ。昨年2月半ばに私が現場を訪れた時からすでに、運輸省の建設許可が下りないなどの理由で事業はつまずいていた。

 そして1年後に定点観測して見えた現状からは、お世辞にも工事が進んでいるとは言えない。だから「整地作業を行っている」といくら説明を受けても、それが正直、どの程度の進捗状況なのかが判断できない。

 現場の区間は5kmだから、全区間(143km)の5%にも満たない。当初予定の2019年開業は困難に思える。

中国受注のインドネシア高速鉄道 進捗5%で2019年開業は…
http://news.livedoor.com/article/detail/13038453/

Read more
一般・全般

中国で幼稚園バスが炎上 乗っていた韓国人園児ら12人焼け死ぬ

1 : :NGNG?PLT(12345).net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/a6YFzvn.png
【北京=藤本欣也】中国国営新華社通信などによると、中国山東省威海市で9日朝、トンネル内を走行していた韓国国際学校付属の幼稚園の車両が事故を起こして炎上、乗っていた韓国人園児ら12人が死亡した。

犠牲者は韓国人園児10人、中国人園児1人と運転手。引率の中国人教諭が重傷という。
地元警察が原因を調べている。
威海市など山東省には在住韓国人が多い。

http://www.sankei.com/world/news/170509/wor1705090041-n1.html

Read more
一般・全般 政治

中国が北朝鮮への圧力の見返りにハリス米太平洋軍司令官の更迭を要求 日系人で知日派の軍人

1 : :2017/05/06(土) 22:41:40.84ID:DRLnyO3O0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TgegtEI.jpg
中国、米太平洋軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り
 中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める
見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官
(海軍大将)を更迭するよう求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした。
 ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、
太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、
他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ。
 4月6〜7日に米フロリダ州で行われたトランプ氏と習国家主席の初首脳会談に合わせ、中国の
崔天凱駐米大使が米側に要求を伝えた。また経済関係についても、トランプ政権に対して中国の
「為替操作国」認定を見送るよう求めた。
 トランプ政権側は更迭要求を拒否したとみられる。(共同)
http://www.sankei.com/world/news/170506/wor1705060038-n1.html

Read more
一般・全般

【チャイナ肉】中国がネズミの肉を鶏肉として13トンも輸出販売し摘発 偽装するために違法薬品まで使用

1 : :NGNG?PLT(16000).net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sptsVls.jpg
食品の偽装がお得意な中国が今度はネズミの肉を鶏肉として輸出していたことが発覚した。

3月、中国で大量に生産されている「骨なし鶏肉」と「ラム」が実際はネズミと狐だったことが判明。
13トンもアメリカに輸出された後、最近になりFDAにより摘発され中国人が逮捕された。
ネズミ肉はサンフランシスコの税関にて中国の違法なコンテナを押収。

ネズミと狐をラムと羊に偽装するために違法な化学物質を使っていたことも分かっており、既に市場には流通済み。

FDA広報担当者は「もし骨なし鶏肉の味が薄く思ったらおそらくネズミの肉の可能性は高いが、
濃い味付けがされている可能性もある」と述べた。

一方、中国浙江省当局はウェイボにて本当の鶏肉と偽物を区別するガイドラインを掲載。
これを中国市民が確認し市場に出回っている商品を区別するのに役立てているようだ。

http://gogotsu.com/archives/28548
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/05/001-11.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2017/05/002-3.jpg

Read more
一般・全般 政治

中国「日本は北朝鮮問題でもっと積極的役割を果たせ」 何やればいいんだよ

1 : :2017/04/24(月) 23:10:17.20 ID:zfyYEl3e0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5gUkG7w.jpg
中国、北朝鮮核問題で「日本が積極的役割を」
 耿報道官は韓半島問題の解決に関連し、日本の役割について「日本も北東アジア地域の
国であり、6か国協議のメンバー」だとして「日本側が韓半島の核問題プロセスで積極的かつ
建設的な役割を発揮するよう求めている」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/24/2017042402914.html

Read more
一般・全般 政治

【私はスパイではない】「娘2人、中国に行ったことすらない」翁長知事、中国のスパイと疑われ嘆きへ

1 : マシンガンチョップ(catv?)@\(^o^)/ [US]:2017/04/21(金) 10:18:32.19 ID:gkOvRB2p0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/g8yFb2O.jpg
■沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事

 政府が「辺野古が唯一」と言っているのをどうやって変えていくのかは、大変難しい問題だ。私は5、6年前から、このスタンスでやってきているが、インターネットの流れというのは大変なものがある。娘が2人いるが、長女は上海の外交官と結婚し、
次女は中国に留学している、とされている。だが、この2人は旅行を含めて1回も中国には行ったことがない。なのにボンボンたたかれる。私を攻撃する人は「翁長は中国のスパイじゃないか」
と言ったりする人が多い。それを素直に信じ込むということが、今の世の中に起きていることの苦しさ、寂しさを感じる。(那覇市での県職員向けの研修で)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000100-asahi-pol

Read more
一般・全般 政治

韓国政府 「世界は知っている。数千年の歴史の中で韓国が中国の一部だったことなど一度もないことを」

1 : フェイスロック(dion軍)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/21(金) 19:27:15.62 ID:VSfgB2dV0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/f2EFwfG.jpg
2017年4月19日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が、先に行われたトランプ米大統領との初めての米中首脳会談で「韓国は歴史的に中国の一部だ」との趣旨の発言をしていたことが分かり、聯合ニュースなど韓国メディアが大きく報じた。

報道によると、トランプ大統領は12日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルのインタビューで「習主席が(首脳会談の席で)中国と朝鮮半島(Korea)の歴史について話した。
数千年の歴史とあまたの戦争について。韓国は実は中国の一部だった」と発言していた。今月6〜7日の米中首脳会談は2人の首脳に通訳のみが同席し行われており、「韓国は中国の一部」との発言が実際に習主席が口にしたものなのか、
またはトランプ大統領が誤解・曲解したものかは確認できておらず、また通訳ミスがあった可能性も否定できない。その上で韓国の主要メディアは、
これを「習主席が衝撃の発言」「首脳の歪曲(わいきょく)された歴史認識が波紋」「トランプ大統領の失言か、習主席の妄言か」などの見出しで報じた。

一方、韓国政府は19日、報道内容や問題の発言について「一考の価値もない」と強く反発する立場を示している。外交当局者は「報道内容が事実か否かにかかわらず、この数千年の間、
韓中関係の歴史において韓国が中国の一部でなかったことは国際社会が認める明白な歴史的事実であり、誰も否定することはできない」と強調した。

続く

http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175818&ph=0

Read more
政治 犯罪事件

【緊急速報】 北朝鮮が中国に核実験を通知 北東アジア戦争(虐殺レイプ)開戦は明日と決定

1 : 不知火(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [US]:2017/04/20(木) 21:48:35.74 ID:foPC37KN0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Yz2FTCX.jpg
核実験監視の米偵察機WC135が緊急発進か 「北が中国に核実験を通知」

韓国の聯合ニュースは20日、大気中の放射性物質を採取する米軍の特殊偵察機WC135が同日、沖縄の
米空軍嘉手納基地から日本海上空に向け、飛び立ったと報じた。政府消息筋の話として、北朝鮮による
6回目の核実験に備えた活動との見方を伝えている。

 米軍は、2006年の1回目の核実験以降、北朝鮮が実験を行うごとに2機あるWC135のうち、1機を派遣し、
放射性物質の探知に当たってきた。今回も6回目の実験に備えて同機を派遣。7日に嘉手納基地に到着して
いたという。

 20日の発進は、本格的任務に向けた準備の可能性が高いという。

 聯合ニュースはまた、「北朝鮮が20日、中国に核実験を行うと通知した」との未確認の情報があり、
韓国外務省や国防省が確認に追われたとも伝えた。

http://www.sankei.com/world/news/170420/wor1704200051-n1.html

Read more