一般・全般

居酒屋に子供を連れて行くなよ 新米ママ鈴木亜美、2か月半の長男と「本音でハシゴ酒」

1 : アルゼンチンバックブリーカー(東日本)@\(^o^)/ [US]:2017/04/20(木) 21:12:56.10 ID:LLXJ1uLq0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/GUwmQSb.jpg
1月に長男を出産した歌手の鈴木亜美(35)が、21日に放送されるフジテレビ系バラエティー「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)の
人気企画「本音でハシゴ酒」に出演し、生後2か月半の乳児と一緒に、夫との馴れ初めや1998年に高校生でデビューし
即人気アイドルとなった当時の多忙ぶりを語ることになった。

鈴木は、16年7月に7歳年下の一般男性との結婚と妊娠を発表。今年1月13日のブログで「1月12日に3228gの
元気な男の子を無事出産致しました…母子共に健康です」と出産したことを報告した。

鈴木は「ダウンタウンの2人に抱っこしてほしい」と長男を連れて番組に出演。鈴木の要望に応え「ダウンタウン」の浜田雅功(53)、
松本人志(53)、坂上忍(49)が赤ん坊を抱くという、あまり見ることのない貴重なショットが実現する。

16歳でデビュー後、トップアーティストとして活躍を続けた鈴木。夫との出会いや馴れそめを語るが、その意外すぎる出会いに対し松本が異議を唱える一幕も。
多忙を極めた当時の生活や、音楽プロデューサー・小室哲哉(58)との意外な関係性など赤裸々に語り尽くす。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000162-sph-ent
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170420-00000162-sph-000-2-view.jpg

Read more
一般・全般

日本の居酒屋のお通し 海外から批判殺到 「頼んでない料理になぜ金を払うのか」

1 : スパイダージャーマン(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/[CN]:2017/03/13(月) 17:02:22.92 ID:+sdehOco0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XrblQyE.jpg 居酒屋のお通し(=強制的な前菜)には納得できない!?

ビザの緩和や免税制度の拡充を背景に増加し続ける外国人観光客。2016年の
訪日外国人観光客数は前年比21.7%増で2400万人を突破し、4年連続で過去最高を
更新するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、
さらなるインバウンド市場の拡大を期待する業界も多いことだろう。

訪日の大きな目的である「グルメ」を提供する飲食業界もそのひとつ。
近年では、よりネイティブな食文化を楽しみたいと、ガード下や横丁の焼き鳥屋や
居酒屋で夕食を楽しむ外国人も増えている。

そんな居酒屋でいま、客である外国人とのトラブルが多発しているという。居酒屋をはじめ、
主に酒類を提供する日本の飲食店特有のシステムである「お通し」に関するいざこざだ。
昨年末、沖縄の地元紙「琉球新報」が報じたところによれば、外国人観光客向けに
沖縄観光をサポートする沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)には、
居酒屋などのテーブルチャージやお通し代など、メニューに表示がない料金の
請求に困惑する外国人から質問が寄せられており、同センターが詳細を確認して
店側が非を認めた場合、返金する事例もあるのだという。

店舗側からすれば、お通しは「注文した料理が出るまでの酒のつまみ」であり、
「テーブルチャージ」の意味合いも含んだものというのが一般的な認識だ。
しかし、その金額は300〜500円と料理1品と同等であるため、システムを理解していない
外国人にしてみれば、「頼んでもいない料理になぜ料金を支払わねばならないのか!?」と、
不満や憤りを覚えるのも当然だろう。英語のネット掲示板では「お通し」は
「Compulsory Appetizers」、つまり「強制的な前菜」と翻訳され、たびたび非難の的となっている。

実のところ、そうした日本特有の「お通しシステム」には外国人はおろか、これまで当たり前のものと
捉え享受してきた日本人からも非難の声が上がり始めている。2009年にYahoo!が行った意識調査
(回答数:76,339票)によれば、「お通しは出して欲しい?」という質問に対し、
「無料なら出して欲しい」が77%、「無料でもいらない」が17.3%と、実に94.3%が否定的な回答となった。
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188097.php

Read more
一般・全般

居酒屋だけじゃなく「ラーメン店」も禁煙へ ラーメン食った後の一服がウメーのに!

1 : サソリ固め(東日本)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/02/28(火) 06:14:30.30 ID:CSFfx29q0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DA5t5M1.png 厚生労働省は、飲食店などの建物の中を原則として禁煙にする法案について、家族連れなどの利用が想定される
居酒屋やラーメン店は例外とせず、原則禁煙とする方針を固め、近く法案のたたき台を示して、政府・与党内の調整を進めたいとしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170228/k10010892351000.html

Read more
一般・全般

全国の居酒屋や焼き鳥屋など例外なく禁煙に

1 : デンジャラスバックドロップ(東日本)@\(^o^)/ [BR]:2017/02/26(日) 08:48:09.29 ID:wCdRHeFF0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ClWcwcd.gif 他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止強化策を進める厚生労働省が、全国の居酒屋や焼き鳥屋などを
原則禁煙とする方針を固めたことが25日分かった。一時は例外を認める案も検討したが、家族連れや訪日観光客らの利用が想定され、
禁煙がふさわしいと判断した。

厚労省は、受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案の今国会提出を目指しているが、自民党内には反対意見もあり、
調整に時間がかかる可能性もある。

厚労省は、東京五輪・パラリンピックに向けて、「未成年が利用する場所は受動喫煙防止を徹底する」という方針を固め、
居酒屋や焼き鳥屋は例外を認めないことにした。

http://jp.reuters.com/article/idJP2017022501001499?il=0

Read more
一般・全般

【屋内禁煙法】厚労省、昨日のがん患者らの要望取り入れ「小規模居酒屋も例外としない」方向で検討へ

1 : ストマッククロー(北海道)@\(^o^)/ [JP]:2017/02/25(土) 10:17:18.87 ID:5/yKbV5e0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/dtcyzkP.jpg  「飲食店は原則禁煙」などの受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案をめぐり、
厚生労働省が小規模な居酒屋や焼き鳥屋も例外としない方向で検討していることが25日、関係者への取材で分かった。

 
 厚労省は飲食業界などの反発を受け、未成年が原則立ち入らない床面積が約30平方メートル以下の小規模なバーやスナックは例外とする修正案を検討している。

 ただ、居酒屋や焼き鳥屋は酒類を提供する一方、家族連れや外国人観光客も多く訪れるため、レストランやラーメン店などと同様、
喫煙室の設置も可能な屋内全面禁煙が必要と判断した。例外の範囲を広げ過ぎると、規制の実効性が失われることも考慮した。

 厚労省は今国会への法案提出を目指しているが、自民党内で「小規模な飲食店はやっていけない」などの反対意見が根強く、調整が難航する可能性もある。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170225-00000045-jij-soci

Read more
一般・全般

居酒屋の料理からゴキブリ出現!店長「取り替えてほしいなら、その分の代金を払え」、客ブチギレで暴露

1 : ファイヤーボールスプラッシュ(東京都)@\(^o^)/ [CN]:2017/02/19(日) 13:21:04.51 ID:nRpdRYKa0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/6fq8LId.jpg 岡山県内の居酒屋「月の宴」で、昨年6月に客の男性が不当な対応を受けていたことが、当サイトの取材で発覚した。
鍋料理が煮えてくると、鍋を乗せたコンロから2匹のゴキブリが飛び出してきた。男性は驚き、店に対応を求めた。
すると、店長がやってきて、男性に提供されたおしぼりを手にとり、それを使ってゴキブリを握りつぶした。
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/02/01-10.jpg
(略)
返金、もしくは代わりの料理の提供といった対応がなされることはなかった。それどころか、「改めて注文しますか」と
問われたという。代わりの料理を出してほしいならば、その分の代金を払えということだ。
(略)
男性が「この件を本社に伝える」と言うと、氏名や連絡先を紙に書くことを店側は要求した。
客に出したおしぼりでゴキブリを処理したことや、その後の対応は非常識であって納得しがたいと、男性は述べる。
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/02/03-12.jpg
「月の宴」を経営する株式会社モンテローザに男性が問い合わせた結果、店長はエリアマネージャーでもあったことが発覚。
男性は、店長の対応に関する疑問を本社に伝えた。だが、「対応は間違っていないので、ネット上に情報を流してもらっても
構いません」と、本社の担当者は述べたというのだ。
セブン−イレブンで食べかけのケーキが販売されたことを、先月に当サイトで報じた。男性はその記事を読み、昨年の出来事を
思い出したという。そして、本社の判断について、再度モンテローザに問い合わせた。すると、「経緯を報告書として上げて、
しかるべき処分をした」、「今後、このようなことはないようにしたい」との説明があったという。
当サイトでは、店に事情を尋ねた。その結果、店長が交代していたことが判明。前任者は、他店に異動になったそうだ。
現在の店長は2月に着任したばかりであり、本件については全く知らなかったという。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/4566
http://tanteifile.com/wp-content/uploads/2017/02/05-11.jpg

Read more