一般・全般

ミサイル失敗で地下鉄止めた日本に世界から嘲笑の嵐 「日本はパニックで勝手に死ぬ(笑)」

1 : :2017/05/01(月) 22:17:36.84 ID:y0mMWJUs0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YwHgBP9.png
韓国のメディア、韓国MBCニュースは、日本の対応について
「日本は特に敏感に反応しました。直ちに国家安全保障会議(NSC)を開き、東京の地下鉄と一部の新幹線の運行を停止させたほどです」と伝えた。
さらに新聞各紙も、日本の対応をやゆした。

東京メトロに、運行を一時停止した理由について、あらためて聞いた。
ミサイル発射があった場合、東京メトロの緊急対応は、電車を止めて10分間様子を見ること。
今回は、ミサイル発射を報じるテレビなどでの一報に、日本に到達のおそれなしなどの情報がなかったことから、万が一に備えての緊急対応を取ったという。
また、停車した車両が、駅と駅との間だと逃げ場がなく、救急車などが近づきにくい場合が想定されることから、車両を駅まで移動させ、ドアを開けたまま停車。
乗客が、地下鉄の駅構内へと逃げるルートを確保したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170501-00000936-fnn-soci

Read more
一般・全般

ジャンプがTo LOVEるのロリコン作者に女子トイレのマークを描かせたら大クレームの嵐で公開中止

1 : :2017/04/23(日) 18:21:41.33 ID:TQd3WTG60

https://i1.wp.com/i.imgur.com/odibLny.jpg
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000024-it_nlab-sci

4月23日に集英社の週刊少年ジャンプ編集部は、20日から漫画サイト「ジャンプ+」で公開していたルポ漫画「すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊!」(作:サクライタケシ)第3話の掲載を中止しました。
「作品中に配慮に欠ける箇所がありましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪しています。

 第3話は、少年ジャンプ編集部の女子トイレのマークを「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」の作者・矢吹健太朗さんに描き下ろしてもらう内容。
オチでは矢吹さんが手掛けたマークを女子トイレに飾り、「ジャンプ関係者の女子のみなさん!編集部にお越しの際は是非女子トイレにお立ち寄り下さい!」と締めくくっていました。
ネットでは内容についてセクハラとの指摘が相次いでいました。

 「ジャンプ+」はTwitterで、「当該トイレ標識は撮影用に短時間掲出したもので、社内で公式採用した事実はございません。
誤解を招く表現について重ねてお詫びいたします」と説明。
掲載中止した第3話に関連するツイートも削除しています。

問題の画像
http://i.imgur.com/GiYiv7S.jpg

Read more
一般・全般

春の嵐で女子学生がパンチラの嵐

1 : リキラリアット(庭)@\(^o^)/ [GB]:2017/04/18(火) 21:03:58.30 ID:kqldve6s0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/yviJZWw.jpg

18日、大雨や強風など各地で「春の嵐」となった。

 北海道留寿都村では猛烈な風に襲われ、家の屋根が吹き飛ばされたほか、電線が垂れ下がったり、電柱が根元から曲がったりした。

 山形県酒田市の神社では、高さ約5メートルの鳥居が強風でなぎ倒され、無残な姿に。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170418-00000077-nnn-soci

Read more
政治 芸能・TV

フジテレビ「なんでお前ら月9を見てくれないの!??嵐を使った!予算1億円かけた!完璧だろ??」

1 : 中年’sリフト(catv?)@\(^o^)/ [TH]:2017/04/21(金) 17:29:19.84 ID:Ve4QtCXm0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/hQe90Zg.jpg
フジテレビが看板枠の“月9ドラマ”30周年記念作品として放送を始めた人気グループ「嵐」の相葉雅紀(34)主演ドラマ「貴族探偵」が、初回視聴率11・8%で船出した。
予算を度外視し、脇を固める俳優陣に主役級を揃え復権を目指したものの、まさかの“低空スタート”。これが決定打になるとささやかれているのが、同局トップ人事を巡る動きだ。

 17日にスタートした「貴族探偵」は主演の相葉の脇に、女探偵役の武井咲(23)、そのボス役の井川遥(40)、刑事役の生瀬勝久(56)、運転手役の滝藤賢一(40)
、メイド役の中山美穂(47)、執事役の松重豊(54)、謎の女役の仲間由紀恵(37)と、主演級のキャストが揃った。

「30周年を迎えた月9ドラマにふさわしいキャスティングを、とフジがジャニーズ事務所に再三、お願いしてようやく相葉主演が実現したんですが、実情は違っていたんです。それはそうでしょう。
フジが第1に希望していたのは同じ嵐でも一番人気の松本潤、続いて二宮和也、そして櫻井翔だった。3人の誰かが主演に収まると思っていたから、予算を度外視して豪華な共演者をキャスティングしたんです」(芸能プロ関係者)

 視聴率、スポンサー料金も低迷するフジにあって、前出の豪華共演陣となると、そのギャラもすさまじかった。

 フジ関係者によると「1本あたりの制作費はなんと1億円超え。相葉のギャラだけで300万超。他のキャストを加えるとギャラだけで3000万はいってしまう。
これにスタッフの人件費、美術、技術、ロケ先の宿泊費などもろもろ合わせるとNHK大河ドラマ以上とも言われている。全話合わせれば、映画が撮れる金額なんです」。

 テレビ番組の視聴率が低迷する昨今、この1本1億円がいかにすごいかは、他局の制作費を比較すれば一目瞭然だ。

「ゴールデン、プライム帯ではNHKが5000万円、TBSとテレ朝が4000万〜5000万円。テレ東が3500万円。日テレは2000万〜3000万円ですね」(制作会社関係者)

だが、結果は最低ラインの15%にも届かない視聴率だったため、早くも主演の相葉を外すプランまで飛び出しているという。

相葉主演“月9ドラマ”低空スタートでフジ亀山社長“退陣論”にトドメ
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/676936/

Read more