一般・全般 政治

琉球新報「菅官房長官よ、沖縄と本土の格差は沖縄切り捨てた政府の責任。償いの心を忘れたのか?」

1 :名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [US]:2017/05/17(水) 07:13:37.42 ID:ccia3vPX0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/c9vLOwl.jpg
政治的な脅しがまかり通ることは許されない。
その姿勢を改めないとあっては政治家の資格はない

菅義偉官房長官が第5次沖縄振興計画(沖縄21世紀ビジョン)終了後の2022年度以降も、沖縄振興として高率補助や税制優遇などを「現時点においては続けていきたい」との考えを示した。
加えて沖縄振興策と基地問題は「結果的にリンクする」との認識をあらためて表明した。

高率補助などを続けるとの考えはあくまで「現時点」と菅氏が強調したことは、県民への脅しにほかならない。
政府の推し進める辺野古新基地建設への沖縄の協力が振興策延長の条件ということだ。

27年に及ぶ米施政権下で生じた沖縄と本土の格差は、沖縄を切り捨てた政府に責任がある。
そのことを菅氏が認識しているならば、基地リンク論など出るはずはない。

高率補助などを続ける考えを持つことは、10年間の時限立法である沖縄振興特別措置法を延長するということだろう。
1971年、山中貞則総務長官は沖振法に基づく高率補助などの原点を「償いの心」とした。菅氏はそのことを忘れてはいないか。
沖振法の条文のどこを見ても、基地問題と沖縄振興がリンクするとは書かれていない。
沖振法の目的は「沖縄の置かれた特殊な諸事情に鑑み、沖縄振興計画に基づく事業を推進する等特別の措置を講ずることにより、沖縄の自主性を尊重しつつその総合的かつ計画的な振興を図る」と明記している。

米軍基地は沖縄振興・発展の最大の阻害要因であるとの沖縄の声を重視し、対応することが「沖縄の自主性を尊重」することだ。
米軍基地建設と引き換えに沖縄振興を実施するとのリンク論は「政治の堕落」にほかならない。

続きます
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-497102.html

Read more
一般・全般

辺野古反対派「沖縄は本土のせいで2つに分断された!疑問を口にすると日本から出ていけと言われる」

1 : :NGNG?PLT(12000).net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FQXyBrM.jpg
沖縄が日本に復帰して、15日で45年。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐる政治的対立が激しさを増す中、人々に「分断」が広がる。
様々な情報が流れ込み、翻弄(ほんろう)され、本土からの視線に揺さぶられている。

 那覇市の県庁前の歩道に突然、日の丸を掲げた沖縄ナンバーの車が乗り上げた。
12日朝。目の前の広場では、復帰の日を前に、県内外の労働組合員らが平和を訴えて歩く恒例の「5・15平和行進」の出発式が開かれていた。「暴力集団は帰れ」。
そう叫んで降りてきた若い男性は、警官に連れて行かれた。

 騒然とした雰囲気に戸惑う行進参加者。その横を、地元のサラリーマンたちは気にも留めず通り過ぎていく。
「沖縄はいつもこんなに騒がしいんですか」。東京から参加した男性(52)は目を丸くした。

 「オール沖縄」を掲げる翁長(おなが)雄志(たけし)知事の誕生から約2年半。「辺野古」の賛否をめぐる対立は、沖縄の人たちもきしませている。

 那覇市の主婦(50)は昨年末、3年ほど続けていたツイッターのアカウントを閉じた。
辺野古をめぐる裁判で県が敗訴した最高裁判決への疑問を書いたところ、「日本から出て行け」など100件以上の批判を浴びた。
その何人かは「沖縄出身」を名乗り「お前こそナイチャー(本土の人)か在日だ」と決めつけられたという。

沖縄45年、広がる分断 辺野古への疑問に「日本出ろ」
http://www.asahi.com/articles/ASK5F0QJKK5DTPOB006.html

Read more
一般・全般

沖縄に自己決定権の会が発足「国連に依拠し、非武装中立の沖縄を創造する」

1 : :NGNG?PLT(12100).net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Dt5wRy5.jpg
政治団体「命どぅ宝!琉球の自己決定権の会」が13日午後、発足した。

浦添市社会福祉センターで同日開いた設立総会で「国連や国際社会に依拠し、東アジアに開かれた
非武装中立の琉球・沖縄を創造する」などとする設立宣言を発表した。

名護市辺野古への新基地建設や先島への自衛隊配備に反対し、自己決定権の確立に向けて活動する方針も確認した。

設立宣言は1879年の琉球併合や1945年の沖縄戦、72年の沖縄施政権返還、現在の米軍基地問題などを挙げて
「歴史に学び、自己決定権(脱植民地化)を行使し、現状を打破しなければならない」などとしている。

同会は7月の那覇市議選などに候補者を擁立する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000020-ryu-oki

Read more
一般・全般 政治

琉球新報「沖縄人を先住民族と認めろ!沖縄差別する日本政府は国際的な信用を失っている」

1 : :2017/04/29(土) 08:59:50.97 ID:86PDz9IU0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SIBlVO4.jpg
国連本部で開かれている第16回先住民族世界会議で、アジア地区代表による声明に「沖縄人の理解がないままに新基地建設を強行している」とする文言が盛り込まれた。
国連の場で沖縄の基地問題への理解が着実に広がっていることを示すものである。

沖縄の民意を無視して強権的手法を取り続ける日本政府を揺さぶる意義は大きい。
今後も国際社会への訴えによって共感を広げる努力を続けたい。

会議に出席した友知政樹沖縄国際大教授はNGO主催のイベントで、名護市辺野古で工事が強行されていることを報告した。
日米両政府を批判し工事中止を強く求めたことに対し、アジアや南米の参加者から危機感を共有する発言があったことも心強い。

新基地建設やオスプレイ配備に対し、沖縄では選挙や大規模集会などあらゆる方法で反対の意思を示してきた。
しかし、日本政府はこの民意を踏みにじり、言論表現の自由の表出である抗議行動を警察力で封じ込めながら、強行を繰り返している。
このような状況を打開する努力の一つとして国連の場で訴えているのである。
今回の声明では「国連による度重なる勧告にもかかわらず日本政府が沖縄の人々を先住民と認めていない」とも批判した。
先住民とは、ある土地に元来住み着いている人間集団のことである。沖縄にルーツを持つ人々がそのようなアイデンティティーを持っていることが、国連での議論の前提にある。
日本に併合され同化政策が取られた歴史を踏まえれば、先住民として自己決定権を主張するのは自然なことだ。

友知教授によると、声明に対し日本政府代表が「立ち入り禁止区域に入るなど違法な抗議活動が行われている」と発言した。
15年に翁長雄志知事が国連人権理事会で「沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている」と訴えた時も「日本の国家安全保障は最優先の課題だ。
辺野古移設計画は合法的に進められている」などと主張した。

沖縄の自己決定権侵害の問題として議論されている場でこのような筋違いの主張しかしない日本政府は、国際的な信用を失っている。
沖縄に対する差別政策を直ちにやめ、沖縄の自己決定権、民意を尊重することなしに、信用を取り戻すことはあり得ないことを知るべきである。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-487275.html

Read more
一般・全般

沖縄に旅行で来た台湾女性が早産で大ピンチ 言葉通じない&医療負担600万

1 : イス攻撃(茨城県)@\(^o^)/ [CN]:2017/04/19(水) 23:21:14.31 ID:o78sgTqv0.net

https://i1.wp.com/i.imgur.com/COAwzXe.jpg
妊娠7カ月の台湾人観光客の女性(20)が沖縄旅行中の3月30日に、出産が早まり、急きょ南部医療センター・こども医療センター(南風原町)で884グラムの子を出産した。
同病院や受け入れ先では中国語での対応ができず、母親とのコミュニケーションが困難で、現在、県内の台湾出身者らがボランティアで通訳している。
県内の一部医療機関では多言語への対応や外国人患者に向けての医療サービス環境の構築を進めているが、まだ十分でないのが現状だ。

夫(23)と3月29日に来沖した女性は、30日午前4時ごろに破水。
那覇市の沖縄協同病院に緊急搬送された。赤ちゃんの体重が1500グラム以下と推定されたため、南部で唯一未熟児の特別医療措置が受けられる南部医療センターに再搬送された。
女性と家族は現在、離島や北部地域から病児や家族を受け入れる「がじゅまるの家」に宿泊している。

女性の夫は「赤ちゃんの健康状況や医療費用の支払いなどに非常に悩んでいるが、これまで助けてくれた医者らに感謝したい」とも述べた。

がじゅまるの家で活動するNPO法人こども医療支援わらびの会の儀間小夜子理事は「緊急医療などを受けた外国人患者の心のケア態勢がまだできていない」と指摘した。

赤ちゃんは南部医療センターで特別医療措置を受けており、医療費用は最低でも約600万円かかるという。
しかし、出産は海外旅行保険の補償対象外のため、夫婦は医療負担に追われている。

県内在住の台湾出身者でつくる「琉球華僑総会」は夫婦に約100万円を寄付する予定で、張本光輝会長は「無事に帰国できるよう支援がほしい」と寄付を呼び掛けた。
問い合わせは同会

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-481329.html
病院で診察を待つ妊婦(イメージ写真)
http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201704/9f1901b0f460d0ec8de91811a32b203a.jpg

Read more
政治 犯罪事件

沖縄の米軍基地反対運動 「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁

1 : 膝十字固め(静岡県)@\(^o^)/ [US]:2017/03/22(水) 01:54:43.86 ID:YXJUQXOV0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/QOuxaDX.jpg 警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、
このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。

http://www.sankei.com/politics/news/170322/plt1703220003-n1.html

Read more
一般・全般 政治

「沖縄の基地反対運動には極左の過激派が入り込んでいる」 国会でついに言及きたああああああああああ

1 : ラダームーンサルト(愛媛県)@\(^o^)/ [EU]:2017/03/09(木) 14:34:08.80 ID:ikB4MBx20

https://i1.wp.com/i.imgur.com/nzM2d6v.jpg http://img.2ch.net/premium/1372836.gif
@_500yen
和田政宗「沖縄基地反対運動に過激派が参加しているのか」
警備部長「沖縄基地反対派に極左の過激派が参加してます」
重大事実判明キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

@take_off_dress
和田正宗「沖縄の活動家達の集団で気に食わない事に暴力で押さえつけるのは過激派のやり方!沖縄基地反対運動に過激派が入り込んでるか?」
警察庁「極左・暴力集団も確認されてる」
和田正宗「過去に殺人やテロも行ってる集団が沖縄基地反対運動に入り込んでるのは恐ろしい事!」

@take_off_dress
和田さんの質疑で沖縄基地反対運動を行う活動家の中に過激派(極左や暴力集団)が居るという事実が議事録に残りました。
この事実をマスコミは報道出来ますか?
過激派のように都合悪いことは押さえつけませんよね?

@op29_Asdur
沖縄基地反対派に『極左の過激派』が参加しています By 警備部長
これ、ちゃんと報道してね
#tbs #テレビ朝日 #朝日新聞 #毎日新聞

5:50〜

和田議員「なぜ活動家達はこんなにも暴力的なのかと流石に私も疑問に思いました。
辺野古の住民の方々にお話を聞くと、皆さん口々に『辺野古の基地前のテントには辺野古の住民は一人もいない』というふうに言います。(略)
じゃあ誰が反対運動に参加しているのかという事を考えた時に、私にいきなり大人数の集団で暴行を働きに来たという状況から気付いたのは、
これは過激派のやり方ではないかというふうに思ったわけでございます。
気に食わない発言や人物に対しては暴力を振るってでも抑えつける、排除をする。これが過激派のやり方です。
そこで、警察庁に聞きます。基地反対運動に過激派が入り込んでいる形跡はあるんでしょうか。」

松本警備局長「お答え致します。沖縄の基地反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知しております。」

和田議員「これは凄い答弁といいますか、初めての答弁が出てきたというふうに思うんですが、極左暴力集団、いわゆる過激派が基地反対運動の中に入り込んでいるという事です。
極左暴力集団というのは過去、気に食わない相手に暴行を加えるだけでなく、殺人やテロも行っている集団なわけです。」
https://www.youtube.com/watch?v=BK0QO_BPHYE

Read more
一般・全般

【アホの朝日新聞w】 沖縄で左翼が暴れてるというなら証拠を出せ 出せないなら記事にできない

1 : ドラゴンスリーパー(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [US]:2017/02/24(金) 18:10:19.11 ID:PtSYV8920

https://i1.wp.com/i.imgur.com/LlzXXTE.jpg 「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が
虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の
辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を
申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」
代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と
批判した。
(中略)

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが
沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる
場面などの動画も流された。

質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。
それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」
と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答
がなかったという。

 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。
デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。

http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

Read more
一般・全般

在日朝鮮人「在日が沖縄の運動に参加することは、官邸前抗議行動に埼玉県の人が行くのと同じ」

1 : エルボーバット(茸)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/01/16(月) 13:07:24.69 ID:83kaKfvD0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ouqZDIU.jpg ■公共の電波で直接ヘイトスピーチを浴びた辛淑玉氏「今回のヘイトスピーチには凄まじいものがあった」
中略

在日外国人が沖縄の運動に参加することは、官邸前での抗議行動に埼玉県の人が行くのと変わりません。
しかし、人々の中には、『朝鮮人が日本のことに口を出している』という漠然とした思いがある。
こうした思いに対して憎悪の扇動を働きかけたという意味では、今回のヘイトスピーチには凄まじいものがありました」

以下略
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/356140

Read more
一般・全般

【注意】 公安調査庁、中国が沖縄を日本から分断させて奪おうとしていることを公式に認める

1 : ハーフネルソンスープレックス(栃木県)@\(^o^)/ [CN]:2016/12/27(火) 10:15:11.70 ID:6YKjQU8s0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/BZF0ZC7.jpg 公安調査庁は2017年版「内外情勢の回顧と展望」の中で、中国の大学やシンクタンクが
中心となって、沖縄で「琉球独立」を求める団体関係者などと学術交流を進め、関係を深めていると指摘した。

  交流の背景には、米軍基地が集中する沖縄で「中国に有利な世論を形成し、
日本国内の分断を図る戦略的な狙いが潜んでいる」として、今後の沖縄に対する中国の動きには
「注意を要する」としている。

  同庁は日本の「公共の安全」に関して「内外情勢の回顧と展望」と題する報告書を
毎年まとめており、17年版は21日に発表した。報告書は、中国が南シナ海問題をめぐり、
日本を含めた対中包囲網の形成への懸念を強めていることに言及。安全保障関連法施行に
伴う自衛隊の活動範囲拡大などを注視するほか、憲法改正にまつわる動きが出ていることについて、
日本の「右傾化」として国際社会に警戒を呼び掛けていると指摘した。

  また8月12日付の中国の人民日報系紙「環球時報」では、「琉球を沖縄と呼んではならない」と
題する論文を掲載していることにも触れた。紙面では「米国は、琉球の施政権を日本に引き渡しただけで、
琉球の帰属は未定である」などと主張していることを紹介している。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-12-26/OIS6CO6JIJUQ01

Read more